個人事業主として開業すると税金が安くなる?!/アフィリエイトの税金

0円からのお小遣い稼ぎ!ぷちチョキンバコ
完全にタダで利用できるサイトでお小遣い稼ぎ実践中!
稼いだお小遣いの総額お小遣いの総額36925552
2004年1月からの→ネット収入詳細お小遣い稼ぎの収入詳細
AND OR
個人事業主として開業すると税金が安くなる?!

以下は、私がネットや税務相談(電話で税務署の方に質問)で知ったことを元にした私の一解釈ですので、参考程度に読んでください。

 

「個人事業主として開業すると税金が安くなる」と聞いたことがある人も多いと思いますが、結論から言うと、「開業届」を出すと税金が安くなるということではありません。

 

「個人事業主として開業する」っていうと、なんか小難しい手続きとか面倒な段階を踏んで、どこか行政機関に認めてもらって、なにかしらの証明書のようなものがもらえて初めて「個人事業主」になれるんだろう・・・って思っている人いませんか~?

は-い(^O^")/ 実は私が、そうでした。

 

まず、「個人事業主」になるのは驚くほど簡単です。

明日からでも「個人事業主」になれます。

え?と思うかもしれませんが、個人でなんらかの事業を営んでいる人はみんな「個人事業主」なのです。主婦の傍ら、アフィリエイトという事業をがんばっているなら、あなたも「個人事業主」です。

 

「個人事業主」になることは、許認可制ではありません。

届出制度はありますが、届出をしていないと「事業」をしていることにならないとか、事業をしているのに届出をしていないと罰則!というようなこともありません。

一応、個人事業主としての届出制度は以下のようになっています。

「事業の開始等の事実があった日から1月以内に「個人事業の開廃業等届出書」を所轄の税務署長に提出。」

この「個人事業の開廃業等届出書」に、事業をしている住所や、屋号、職業などを書いて税務署に提出するだけです。手数料も要りません。自宅でダウンロード印刷して記入して税務署に持っていけば終わりです。

 

特にアフィリエイトの場合は、はじめたばかりのときは自分でも「事業」という自覚さえないですよね。一応、上記のように、事業開始から1ヶ月以内に届出てくださいね~ってことになっていますけど、アフィリエイトが軌道に乗って、継続的な収入があり、確定申告と納税をしなければならなくなってからでもよいと思います。2年後とかでもOKです。

初めてアフィリエイト報酬の確定申告をするときに、まだ「個人事業の開廃業等届出手続」をしていないからといって怒られることもありませんし、アフィリエイト報酬を「事業収入」として申告できますし、「経費」も認められます。

 

では、このページのタイトルでもある、「開業すると税金が安くなる?」ってどういうこと?って思いますよね。

実は、「個人事業の開廃業等届出書」を出しているから税金が安くなるということではありません。「個人事業の開廃業等届出書」を出しているいないに関係なく、「青色申告」をすると税金が安くなるのです。

 

収入を「事業収入」として確定申告するときに、「白色申告」か「青色申告」のどちらかで申告することになるのですが、「青色申告」をすると、最大で65万円もの控除が受けられます。(課税率10%の場合だと、約6万5千円の節税になります。)

じゃあ、誰でも「青色」がいいですよね~。

でも、「青色申告」をするには、複雑な帳簿を付ける義務が発生しますし、その年の3月15日までに「青色申告承認申請書」を所轄の税務署に提出していなければいけません。その「青色申告承認申請書」を税務署に提出するときに、「個人事業の開廃業等届出書」を提出していないと、一緒に「個人事業の開廃業等届出書」も提出するように指導されるかもしれません。

このことから、「青色申告をする人」=「個人事業の開業届を出している人」=「税金が安くすむ人」といことで、このページのタイトルのように言えるのかもしれませんね。

しかし、「個人事業の開廃業等届出書」は出さずに、「青色申告承認申請書」だけ提出しても何も言われなかったという人もいるようですし、数年前から「青色申告」をしているが「個人事業の開廃業等届出書」は未だに提出していないという人もいます。

 

じゃあ、「個人事業の開廃業等届出書」って何か意味あるの??って思っちゃいますが、「私は個人事業主です。」ということを書面で証明するひとつの方法にはなると思います。

もうひとつ、「個人事業主」として正式に開業すると、堂々と屋号を名乗ったり、名刺に肩書きを付けられるので、「カタチ」から入るタイプの人には、モチベーションを高めるという点でよいのではないでしょうか。



NEXT⇒開業に必要な届出

↑UP