アフィリエイトの税金/アフィリエイトで得た収入って税金はかかるの?

0円からのお小遣い稼ぎ!ぷちチョキンバコ
完全にタダで利用できるサイトでお小遣い稼ぎ実践中!
稼いだお小遣いの総額お小遣いの総額36925552
2004年1月からの→ネット収入詳細お小遣い稼ぎの収入詳細
AND OR
アフィリエイトで得た収入って税金はかかるの?

アフィリエイト収入が増えてくると、税金のことを考えなければいけません。

私もまさか税金を払うほど稼げるとは思っていなかったのですが、今となっては確定申告をしなければならない額の収入になっていますので、確定申告と納税をしています。

 

では、いったいどれくらい稼ぐと税金(所得税)がかかってくるのか?

 

それを判断するには、まず、「収入」と「所得」の意味を理解しましょう。

「所得税」とは、「収入」にかかるのではなく、「所得」に対してかかります。

「所得」とは、「収入」(アフィリエイトの総収入)から「必要経費」を引いたものです。

さらに「所得」から各種控除額を引いた額が、実際の課税対象となる額です。

  所得=収入-必要経費

  課税所得=所得-控除

収入から必要経費を引いた年間所得が一定の額(下記)を超えると確定申告と納税をしなくてはなりません。

サラリーマンなど他に仕事をお持ちの方 専業主婦など他に仕事をしていない方
年間所得が20万円

を超えると納税義務あり

年間所得が38万円

を超えると納税義務あり

ネット収入の項目は「雑所得」になります。必要経費も認められます。

副業を会社に知られたくないなら、住民税を「特別徴収」ではなく「普通徴収」に切り替えましょう。

基礎控除額の38万円を超えると納税義務発生です。必要経費も認められます。

夫の税金にも関わってきますので、注意が必要です。

参考⇒扶養控除/配偶者控除/配偶者特別控除

現在では、年間の所得が上記金額を超える場合は、確定申告と所得税の納税をしなくてはなりません。

所得が20万円以下で上記にあてはまらない場合でも住宅ローン控除の1年目や、医療費控除などで確定申告を行う場合には、全ての所得を申告する必要があります。

 参考→【国税庁タックスアンサー】確定申告

 

 

では、アフィリエイトの「必要経費」ってどんなものが認められるのか?

下記に必要経費として認められる可能性のあるものの例をあげていますが、これらは、私がネット(個人サイト)などで調べたものですので、正しいとは限りません。詳しくは税務署や税務相談室に問い合わせてください。

 

【必要経費として認められる可能性のあるものの例】

インターネット接続料

パソコン代の一部(10万円以上のパソコンは減価償却・耐用年数4年。10万円未満のパソコンは消耗品として購入した年に計上)

デジカメ代

ホームぺージ作成ソフト代

成果報酬の振込手数料

自宅を仕事場として使っている場合は

家賃×仕事で占有している割合

住宅ローンの支払利息×仕事で占有している割合

(経費にできるのは利息だけで、元本は入りません)

光熱費×仕事で占有している割合

ホームページ作成関する専門書籍の購入費

アフィリエイトに関する専門書籍の購入費

ホームページ用の写真を撮りに行った交通費

アフィリエイターのオフ会参加のための交通費

アフィリエイトに関するセミナー参加費

ホームページ作成のための写真代

プリンターのインク代、用紙代

デジカメの電池代



NEXT⇒所得税とは?



※参考 (外部へのリンク)

【国税庁タックスアンサー】やさしい必要経費の知識

減価償却のあらまし

ソフトウエアの取得価額と耐用年数

旧定額法と旧定率法による減価償却(平成19年3月31日以前に取得した場合)

定額法と定率法による減価償却(平成19年4月1日以後に取得する場合)

 

↑UP